高すぎるレバレッジには要注意
New

OCO注文もチェック

高すぎるレバレッジには要注意 複数の注文が出せることは、非常に有益であると言えます。
投資の場合、損失を極力減らし、収益を最大限にするのが、主要な目的でしょう。
FXの場合、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあり、なおさら、それが大事であるように思います。
FXでも、複数の注文を同時に出せるものがあります。
それが、OCO注文となっています。
正確に言えば、二つの注文方法を重ね合わせたものと言えます。
それが、指値注文とストップ注文です。
たとえば、1ドル80円で売りをするけれども、1ドル77円では売らないなどを指摘できます。
これは、市場の動向が不明な時に、効果があるようです。
投資の醍醐味は、時々刻々と変化する市場を読み込み、ちょうど良いタイミングで注文などを行い、希望通り収益を上げることでしょう。
これは、投資全般に共通していることでもあり、株式売買においても、共通します。
しかし、市場は生き物でもあるように、なかなか読みができないということがあります。
そのため、できるだけ、状況変化に合った注文が大事になります。
OCO注文は、まさにそれに合致しているでしょう。
そうは言っても、自分で価格指定をするため、ある程度の許容範囲を作っておくことは、大事なことでもあります。
いずれにせよ、指値注文のような積極的なものとストップ注文のような消極的なものとを組み合わせることは、プラスとマイナスを合致したものでもあり、バランスのとれた注文とともに言えます。
OCO注文を適宜利用することも、FXにおいては、効果的な注文になるかもしれません。