高すぎるレバレッジには要注意
New

FXの概要

高すぎるレバレッジには要注意 外国為替を使った投資には、いくつかのものがあります。
たとえば、外貨預金も、そんな投資の一つであり、為替差益と金利を見込んだ、預金型の投資です。
FXも、外国為替を利用した投資であり、英語ではForeign Exchange、日本語では外国為替証拠金取引と言われ、金融派生商品の一つでもあります。
金融派生商品は、独自の市場を持っていますが、大元の市場があります。
その動向に合わせるようになっています。
たとえば、株価指数というものがありますが、これを元にした金融派生商品もあります。
FXの外国為替相場であり、二つの運用元があります。
一つは、FX業者が行っているもので、店頭FXと言われます。
もう一つが、取引所が運用している取引所FXであり、東京と大阪に市場があります。
それぞれ価格提供などで違いがありますが、FXであるので、取引などのあり方は、共通しています。
つまり、差金決済取引であり、お金の移動しかありません。
また、証拠金を積むことで取引が可能であり、レバレッジを利かせれば、多額の取引が可能です。
現在、個人投資家には、レバレッジ規制が実施されていますが、法人であれば、100倍などのコースがあります。
さらに、為替差益を見込むことができ、空売りが認められているので、円高でも利益を生み出せる可能性があります。
しかも、金利の高い通貨から金利の安い通貨を買い、その状態をおよそ一昼夜続けていれば、金利差益が生じます。
通常は、スワップポイントと言われています。
なお、FXでも、手数料が発生しますが、株式のように別途で発生するものではありません。
為替レートに含まれたもので、スワップポイントと呼ばれています。
通常は、小数点で示され、お金の単位は、銭となっています。
スワップポイントには、業者の収益も含まれています。