高すぎるレバレッジには要注意
New

IFOで複数の注文

高すぎるレバレッジには要注意 OCO注文では、指値注文とストップ注文を同時に出せるため、非常に効果的な投資が見込めるようです。
大きな損失も発生する可能性のあるFXでは、非常に有効でしょう。
しかし、OCO注文のほかにも、複数の注文を出すことが可能なものがあります。
それがIFO注文です。
これは、IFDとOCO注文を同時に出すものです。
見方によっては、あらゆる状況に対応できるため、有効以上の注文となる可能性があります。
条件を設定することと同時に、買いや売りの価格指定もでき、なおかつ、買いや売りをしない注文もできます。
自分なりの種々の状況を読み、それに沿った注文ができると言えるでしょう。
また、注文を複数に出すようになるので、どちらかが成立すれば、もう一つが自動で取り下げとなります。
つまり、IFD注文が成立すれば、OCO注文は自動で消滅するというものです。
しかも、新規注文と決済注文を同時に出すこともでき、これもまた、損切り、あるいは、利益を確定するために、非常に有効なようです。
一説によれば、自動注文のように利用できるため、サラリーマンのような仕事がある人も、出勤時にOCO注文を出し、会社に着いてから取引成立を確認する、ということもできるようです。
さらに、お昼に市場を読み、市場の営業時間終了近くに、最終注文を入れておく、ということも可能なようです。
いずれにせよ、市場は生き物です。
特に、FXでは、変化の速い外国為替市場が元となっています。
このため、同時に複数の注文が可能なことは、投資家にとっても、有難いものと言えないでしょうか?